ならまちの雑貨店 器と暮らしの道具 カ ウ リ のショップ情報

ならまちにある暮らしの雑貨のお店 カウリ の
アイテムやショップ情報、奈良のこと、カウリの日々をお届けしています

カウリ
奈良市鳴川町1番地 営業時間11:00〜18:00 

※駐車場はありません

※カウリ実店舗のお休みは不定休です。
※臨時休業、営業時間の変更がある場合もあります。

※カウリ店休日は業務も停止しておりますので、メールの返信等も休み明けになりますので、ご理解くださいませ。

今月のお休みは → CATEGORIES の『今月のお休み』でチェックをよろしくお願いいたします。

商品などのお問い合わせは PROFILE(プロフィール)→カウリ→商品などのお問合せ へ

堀宏冶さんの木の作品 届きました

 

堀宏冶さんの作品が入荷しました。

 

オンラインショップでも購入可能です。→カウリのオンラインショップ

 

たいらなプレート 15×21センチ と 丸さじ 大 に関しては、

オンラインショップでは扱っていないので、

メールにてお問い合わせくださいませ。→ 

他、オードブルプレート 12×40 も只今在庫ございます。

 

堀宏治 木の器 16:52 -
堀宏冶さんの木のもの 入荷


鎌倉で制作している堀宏冶さんより、入荷がありました。

カトラリー 素材:ブラックウォールナット
スープ丸さじ ¥2600+税
丸さじ ¥2000+税
小さじ ¥1600+税
ふたまた ¥1400+税

木のもの 素材:くるみ
オードブルプレート サイズ12×40
プレート サイズ15×21
バターケース
お盆 Φ28

オンラインショップでお買い物もできます。→カウリのオンラインショップ
プレートに関してはお問い合わせください。→メール問い合わせ


 
堀宏治 木の器 15:12 -
堀宏冶さんの木のうつわ 入荷しました


鎌倉で制作している堀宏冶さんの木のうつわが入荷してきました。
今回は、3年前の春の企画展『しあわせな朝食』展で
作っていただいてたパン皿やオードブルプレートも入荷。

パン皿は私自身が毎日使っていて、本当に気に入っているので
ぜひみなさまにも使ってほしいと思って再入荷させました。



堀さんの手仕事と、くるみの優しい素材、
やっぱり好きだな〜と改めて思っています。

パン皿(くるみ) φ21 ¥8640
オードブルプレート(くるみ) 12*40 ¥5400

他、板皿15*23 まな板 も入荷しました。



堀宏治 木の器 17:39 -
堀 宏冶さんのバターケース他入荷


久しぶりに堀宏冶さんの作品が入荷してきました。

今回は角の盆も新登場です。

深四角盆(くるみ) ¥14040 サイズ 20×30×h3.5?

他、バターケース、カトラリー、丸盆、カッティングボードも入荷しました。
堀宏冶 カウリのオンラインショップ
堀宏治 木の器 14:12 -
堀宏治さんのバターケース、カトラリー、お盆入荷


欠品だった
鎌倉の堀宏治さんの
お盆φ28、バターケース、カトラリーが入荷しました。

カウリのオンラインショップからもご注文できます→堀宏治さんの木のもの
堀宏治 木の器 15:14 -
堀宏治さんのバターケースなど入荷しました


永らく欠品していました堀宏治さんの

くるみの木製バターケース

くるみのお盆 直径28cm
   


くるみのまな板(大)
  


ふたまたなどのカトラリーも入荷しました。
          
堀宏治 木の器 20:13 -
堀宏治さんのカトラリー
鎌倉で制作されている堀宏治さんの
木のカトラリーが新しく入荷しました。



私は、食器と金属のカチャカチャなる音がどうしても苦手で、
木のカトラリーを使っています。

手にもなじみ、口にもやさしく、音もでません。
なにより、木にはやわらかさがあります。

また、作家さんのカトラリーは
ひとつひとつ手づくりのアジがあって、
見た目もかわいく、愛着がわいてきます。



堀宏治さんのカトラリー

まる匙 山桜・ブラックウォールナット 2000円
小匙 ブラックウォールナット 1600円
ふたまた ブラックウォールナット 1400円

カトラリーは頻繁に使うものです。
木のカトラリーは、洗ってそのままにしたりが続くと、すぐ白っぽくなってきますので、
白っぽくなってきたら、オイルで拭いてお手入れをしてあげましょう。
また、輝きを取り戻します。
それを何度か繰り返すうち、手入れも必要となくなってきます。
お気に入りを、長く使ってみてください。
堀宏治 木の器 17:11 -
堀宏治さんの木のもの
カウリでは鎌倉で制作活動をされている
堀宏治さんの木のものを取り扱っています。



くるみで作る堀さんの
まな板、お盆、バターケースなど、
ほんと手作りのぬくもりと、温かみを感じます。

なぜくるみなんですか?の問いに、
くるみを使うことについては、
器を主に作ることにあたって、遮温性の高い事。
まな板については、適度な硬さで、包丁のあたりの良い事。
あと、手触りは程よく柔らかい事。
やさしい木目であること。
など、語ってくれました。

なるほど、包丁のあたりはいいし、
滑らかで柔らかい質感はぬくもりを感じます。

長く使えば、味わい深くなる木のもの。
私もずっと使っていきたいです。

堀さんのお買い物ページ→ 



堀 宏治 プロフィール HP→

1974年 長崎県生まれ
1998年〜 神奈川県鎌倉に移住 木の器を中心に製作
堀宏治 木の器 11:41 -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
カウリのInstagram

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS


SPONSORED LINKS